springboot devtools のauto restart を疑似高速化する

きっかけ

springbootとintellijなどIDE使ってると、コードの補完はめちゃされるし、Javaって便利だなーとか先人の方たちありがとう!って気持ちでコード書いてるんですけど、コード変更時に変更内容がHotswapで反映されるならいいんですけど、そうじゃないとrestartがかかって、プロジェクトが少し大きくなってくると15秒くらいまたされるのでもっと短縮できないかなーって思いました。

やったこと

DIの対象になるクラスを全部遅延ロード(lazyload)してしまえばいいかと思い、それを実装してみました。
本番環境でやるのはリスキーなので、local環境のみで行うようにしています。

@Profile("local")
@Configuration
public class LazyInitBeanFactoryPostProcessor implements BeanFactoryPostProcessor {
    @Override
    public void postProcessBeanFactory(ConfigurableListableBeanFactory beanFactory) throws BeansException {
        for (String beanName : beanFactory.getBeanDefinitionNames()) {
            beanFactory.getBeanDefinition(beanName).setLazyInit(true);
        }
    }
}

これで15秒から5秒後半くらいになりました!最高

Started WebApplication in 14.565 seconds (JVM running for 16.236)
↓
Started WebApplication in 5.759 seconds (JVM running for 6.871)

リスク

初期化が遅らせているので、初期化順でなにかを行う処理を挟み込んでたりしたら影響がありますが、今日そんなコード書いてる人なんてあんまりいないだろうし、local環境だけなんでまぁ影響ないかなと。

spring-context-indexerと組み合わせているとちょっと動かないケースがあってハマることがあるので、オフにできるならオフにすること。
まだなんでかはわかってないです。

まとめ

これでサクサク開発できるので、しばらく試してみようかと思います

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *