NginxのCache設定

Nginx + SpringBoot の構成で環境を構築している。

まだ、静的ファイル(.css,.js,.jpg,.gif,.map) はCDNを使わない感じでなんとでもなる規模だが、アクセス数が増えていくと、ちょっとSpringBootだけだとレスポンスが遅くなってきたので、対策する。

静的ファイルはSpringBootで返して、Nginxでキャッシュする設定にする。

SpringBootは設定は特になし。

Nginxに下記の設定を行う。


server { location / { // 省略 proxy_ignore_headers Cache-Control Expires; proxy_cache cachezone; proxy_cache_valid 404 5m; // 省略 add_header X-Cache $upstream_cache_status [always]; } }

proxy_ignore_headers Cache-Control Expires; この設定が必要です。

キャッシュがヒットしてるかどうかは、add_header で確認できますが、HTTPステータスが正常系しか動作しません。
add_headeralways をつけると、どのHTTPステータスでもでてくので、確認できます。

このようにすると、ある程度の規模までは、CDN使わずに、サクサクいけます。
最近ではHTTP/2でコネクション数の上限もほとんど気にしなくていいですし。

IntelliJでNuxt.jsのdebugできるようにする(chrome/opera)

IntelliJでNuxt.jsをdebug(breakpoint)できるようにしたくて、設定するメモ。

nuxt.config.jsを変更する

下記の3行を追加する


extend(config, ctx) { if (ctx.isDev && ctx.isClient) { //追加 config.devtool = 'eval-source-map' //追加 } //追加 // 省略 }

$ npm run dev を実行する

Chromeのプラグインをインストールする

下記のプラグインをインストールする

https://chrome.google.com/webstore/detail/jetbrains-ide-support/hmhgeddbohgjknpmjagkdomcpobmllji?hl=ja

インストール後にデバッグするタブで下記のアイコンを右クリックする

その後、inspect in IDEA をクリックする

下記のバーがでてきたらデバッグモードになる

breakpointを貼って、そのURLまで遷移すれば、ステップ実行ができるようになります。

IntellijのNuxt.jsでimportのailiasを設定したい

Intellijのvueとかjsのサポートがかなりよくなってきたので、1IDEで完結した欲求がでてきました。
vscodeだとある程度勝手に認識してくれるんだけど、Intellijはできないみたいで設定してあげる必要がある模様。

nuxt.config.jp

module.exports = {
  resolve: {
    extensions: ['.js', '.json', '.vue', '.ts'],
    root: path.resolve(__dirname),
    alias: {
      '@core': path.resolve(__dirname + '/src_core'),
      '@web': path.resolve(__dirname + '/src_web'),
    }
    // 省略
  },

このrootaliasを追加すればいける模様。(resolveを書いてなかったらそれも追加で)

import sampleRepos from "@core/modules/repository/sampleRepos
import samplePage from "@web/modules/repository/samplePage

これがジャンプできるようになる。便利

Intellijでdebug実行すると warning: Sharing is only supported for boot loader classes because bootstrap classpath has been appended

warning: Sharing is only supported for boot loader classes because bootstrap classpath has been appended

ブートストラップクラスパスが追加されているため、共有はブートローダークラスでのみサポートされます

ということらしいが、intellijでしか警告がでない。

Intellij Idea > preference > Build, Execution,Deployment > Async Stack TraceInstrumenting agent をunlockすれば、でなくなる。

intellijでdebugするとこの警告がでてくる warning: forcing TieredStopAtLevel to full optimization because JVMCI is enabled

OpenJDK 64-Bit GraalVM CE 19.3.0 warning: forcing TieredStopAtLevel to full optimization because JVMCI is enabled

JVMCIが有効になっているため、TieredStopAtLevelを完全に最適化する こういうことらしいが、gradle bootRun では発生しない。Intellijで発生する。

IntelliJの設定かなにかだろうと思い設定を確認

Run/Debug Configurations の中に Enable launch optimization があり、これをunlockすると警告がでなくなった

Vue.jsのcomputedで引数を使いたい

Vuejsで便利なcomputedですけど、引数取りたいって思うタイミングがあり検証。
ちなみに引数とりたいタイミングは、ループでテーブル作成してるときとかです。

lambda式(アロー関数)を使えばできました。

<template>
  <div id="app">
    <p>sample('a'):{{sample('a')}}</p>  // <- 使用箇所
    <p>sample('r'):{{sample('r')}}</p>  // <- 使用箇所
  </div>
</template>

<script>
export default {
  name: "App",
  computed: {
    sample() {
      return r => r === "a";   // <-  ここでアロー関数を実行
    }
  }
};
</script>

出力結果はこちら。

sample('a'):true

sample('r'):false

computed特有のキャッシュ等が効かないらしいけど、methodとwatchでやるんだったらあんまりかわらなくて、computedですっきりかけた方がいいかなと思うので採用します。

mapとflatmapのメモ

mapとflatmapのメモ.

map: 個数が変わらない。2個渡したら2個返ってくる
flatmap: streamに変換させて、それを合成する。戻ってくるのはstreamが1つ。flatmapはstreamを合成してくれる感じのいいやつ。

@RunWith(JUnit4.class)
public class SampleTest {
    @Test
    public void test() {

        // map
       Arrays.asList("a,b,c", "d,e")
            .stream()
            .map(e -> Arrays.stream(e.split(",")))
            .forEach(System.out::println);

        // flatmap
        Arrays.asList("a,b,c", "d,e")
            .stream()
            .flatMap(e -> Arrays.stream(e.split(",")))
            .forEach(System.out::println);
    }
}

出力結果は下記

# map
java.util.stream.ReferencePipeline$Head@18ce0030
java.util.stream.ReferencePipeline$Head@4445629

# flatmap
a
b
c
d
e

Vuejsでselect boxにdefault valueを設定するには?

Vuejsでselectboxにdefault valueを設定するのにいつも覚えられないので、メモ

<select v-model="args">
  <option :value="null" disabled>Please select...</option>
  <option :value="'A'">A</option>
  <option :value="'B'">B</option>
</select>

:value="null" disabled を入れるっていうのを毎回調べてる気がする。。。

Spring webfluxでGETパラメータが長いときの ステータス413(Request Entity Too Large)の対処

Spring webfluxでGetパラメータが長いときに、HTTPステータス413(Request Entity Too Large)が発生して少々ハマった。

application.yamlとかで解決はできない感じで下記ソースにて解決

なお、SpringBoot@2.0.7

@Component
public class NettyServerCustomize implements WebServerFactoryCustomizer<NettyReactiveWebServerFactory> {
    @Override
    public void customize(NettyReactiveWebServerFactory factory) {
        factory.addServerCustomizers(options -> {
            options.maxInitialLineLength(1024 * 1024);
        });
    }
}

この記事書いてて、SpringBootのバージョンあげないとなーって思いました

Mockitoでprivateメソッドのテストっぽいこと

ReflectionTestUtilsを使用する

fieldの場合

ReflectionTestUtils.setField を使う

public Sample SampleRepositoryImpl{
    private String parameter;
}


@Runwith(SpringRunner.class)
class SampleRepositoryImplTest(){

            @InjectMocks
            private SampleRepositoryImpl sampleRepository

            @Before
            public void setUp(){
                    ReflectionTestUtils.setField(sampleRepository,"parameter","local");
            }
}

上記のような感じで、差し替えができる。とても簡単。staticフィールドもできるもよう。

methodの場合

private methodをテストしたいときは、これで結果が取れるので、Assertiosでチェックしてやればいい。

ReflectionTestUtils.invokeMethod を使う

public Sample SampleRepositoryImpl{
        private Sring sampleMethod(){
             return "sample";
        }
}


@Runwith(SpringRunner.class)
class SampleRepositoryImplTest(){

            @InjectMocks
            private SampleRepositoryImpl sampleRepository

            @Test
            public void privateMethodTest(){
                    ReflectionTestUtils.invokeMethod(sampleRepository,"sampleMethod", null);
            }
}

staticメソッドもできるもよう。

まとめ

MockitoでprivateメソッドでテストするのはできなくてPowerMock使えって書いてあるけど、バージョンとか意識しないといけないの面倒だから、Mockitoでできないかなって調べたら、このくらいのことはできるので、わざわざライブラリ追加しなくていいかなって感じでした。